飯田市近郊の土地・不動産情報

不動産を購入した後の仲介業者の役割

 

不動産を購入した後に、予測できなかった事態が起こることがあります。売主も買主も、また仲介業者も悪意なく紳士的に取引をしたとしてもです。このような場合、瑕疵担保責任の有無が争点となりえます。不動産を売却する際には、売却の理由があるのが通常ですが、相続などを経た場合、売主自身が不動産についてあまり知らなかったりする場合もあります。例えば、近くでいわくありげな出来事があったとか、古井戸をきちんと処理してなかったなど、実際に住み始めてみて聞いたりすることもあったりします。そのようなケースでも気軽に相談でき、どうしても問題解決できなければ法的な手段などに関してもフォローしてもらえるような業者であれば安心ですよね。確かにレアケースではありますし、そもそもそのようなことのないように重要事項説明等があるわけですが、実際に書面に記載されている事項だけでは十分とは言えないケースもあるでしょう。